バナー
TOP > 何度も観葉植物が枯れてしまうのはなぜ

何度も観葉植物が枯れてしまうのはなぜ

「観葉植物を買ってきて置いておいても、いつも枯れてしまう」という人も少なくありません。ネットなどでも、観葉植物を枯らしてしまった人は多くいます。


観葉植物はもともと日本が原産の植物ではないため、日本の気候がその観葉植物にあっていないという可能性が考えられます。まずは、その植物がどのような環境が好きなのかを調べましょう。

日光が好きな植物なのに、日の当たらない部屋の隅に置いていたり、逆に日影が好きなのに直射日光の当たる窓際に置いていませんか?環境をその植物が好む状態に近づけてやれば、枯れてしまう可能性は低くなります。
また、屋内で好む環境にぴったり合うところに置いていても、エアコンの風が当たる場所のため乾燥しすぎてしまっている可能性があります。
「水をやらなければ」と水を与えすぎてしまい、根腐れを起こしてしまうこともあります。

また、よくやってしまいがちなのが、購入した状態のままで家の中に飾ってしまうことです。


その植物の好む環境を考えて、家の中の置き場所を考えるようにしましょう。

観葉植物のリースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

また、インテリアショップや雑貨店、100円均一で勝った観葉植物を植え変えてみるとわかるのですが、土の中に発泡スチロールのようなものが混ざっていたり、スポンジのようなものに根を這わせているものもあります。



また、鉢の中に根が張りすぎてしまっているようなものもあります。

これらの場合には購入したら早めに植え替えを行った方が良いでしょう。